最初の日

Posted on : 2017-08-23 | By : ゆふこ | In : 日記

2

お花が届き、生徒さんも来てくださり、ほのぼのとした最初の日が終わりました。

 

夕方、工房を片付けて、外に出たらビックリ。

170822屋台

朝は何もなかった道に、露店が並んでいました。

こんな光景が、旧東海道の山科駅から四ノ宮駅まで続きます。

 

お地蔵さんにお礼に行かなきゃと思って歩いたけれど、六角堂の周りにもすごい行列。

170822地蔵堂

時間が無いので、列の横で手を合わせる私 ( – 人 – )

明日も頑張れますように。

 

8月22日は、相方さんの新作アプリ発表の日でもありました。

—————————————-

多言語化された天気予報アプリ「WeatherJapan」を公開しました – 株式会社そらかぜ http://srkz.co/v6aw

—————————————-

夫婦二人のメデタイ日だったので、夕食はいつもよりご馳走にしました。

「私のご馳走って何だろう?」と考えてみたら、ふと「そうだ!この近くにお豆腐屋さんがあるって教えてもらった!」と思い出して、行ってみました。

久しぶりに見たお豆腐屋さん。東京(日暮里)にも大阪(天満)にもあったのに、山科に移り住んでからはスーパーでしか買えなかった豆とニガリだけのお豆腐。

浮かれて2種類買ったら「もう今日は終わりだから」と、おまけもつけてもらいました。

工房からすぐ近くなので、これからもちょくちょく買いに行きます。

移転しました!

Posted on : 2017-08-22 | By : ゆふこ | In : 日記

2

おはようございます。

2017年8月22日より下記の住所に移転しましたので、お知らせいたします。

 

〒607-8041

京都市山科区四ノ宮垣ノ内町32

*電話、ファックスの番号に変更はありません

 

工房のみ地図

 

工房は、広い敷地の一角にありますので、初めて来られるかたには、詳細な周辺地図をお送りしますね。

 

今日は新月です。

占い師のような友人から「仕事を始めるのには、新月の日が良いよ。月が満ちる勢いにのって商売が繁盛すると言われているから」と教わり、仏滅なんては信じない私も、古い友人と自然の力は信じるので、その通りにしました。

 

図らずも今日は、850年以上前から続く山科最大のお祭り、四ノ宮地蔵の地蔵盆の日です。

工房の前にある旧東海道には、ぎっしり屋台が並び、夜になると自転車が通れないくらいの人が押し寄せるそうです。

地図にもある徳林庵を中心に、そんな賑わいが今日明日と続くとか。

工房の再オープンと合わせてワクワク度が増します。

 

昨日、大家さんが立派な蘭の花を持ってきてくださいました。

今回の引越しで、人生の大先輩である大家さんから学ばせていただいたことが、たくさんありました。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

 

では、行ってきます!

引越日記<4>

Posted on : 2017-08-21 | By : ゆふこ | In : 日記

4

今年ほど熱を出した夏があったでしょうか?(いいえ、ありません)

大人でも夏に熱って出るんですね。

 

ありがたいことに、毎日入れ替わり立ち替わり生徒さんがやってきては、荷物整理のお手伝いをしてくださいました。

荷物の山の隙間から徐々に床が見えてきて、最後に、ようやくガラスが棚に収まりました。

ガラス棚

ガラスを一緒に片付けてくださった生徒さんから「昔、引っ越した時に一生懸命荷物を片付けたら熱が出た」という話を聴いて「えぇぇ、そんなに大変だったんですね」なんて言っていたら、その晩、私も熱を出しました。

 

真夏に熱を出したことなんて生まれてこのかたなかったけれど、今年は、これで2度目。

3時に起きて働く毎日なんて、もう無理やわ、と身体が言っているのでしょう。

 

新しい工房は、テナント契約なので業務時間は、ごくごく普通に朝8時からです。

なので、今までのように早朝に工房へ行って仕事することが出来なくなるのですが、「そんな無茶な働き方は、やめましょう」と、いうことなのですね。

いろいろ上手く、なるようになっているのだなぁと思いました。

 

いよいよ明日から、新しい工房で教室再開です。

引越日記<3>

Posted on : 2017-08-19 | By : ゆふこ | In : 日記

0

旧工房から荷物が運び出される日。

朝から私は憂鬱でした。

今日の午後には引越屋さんがやってくる。

ガラス以外の荷物を運んでくれる。

なのに工房は荒れ放題。

ダンボール箱は半分も埋まっていない。

. . . 残された時間は、あと6時間。

(このところ危機が続く私の脳内に流れるBGMは、中島みゆき「地上の星」)

 

相方さんと一緒にひたすら荷物を詰めること数時間。

最後の箱にガムテープを貼ったのは、引越屋さんが来る10分前のことでした。

ようやくホッとして記念写真をパチリ。

旧工房

うちの工房には、私の祖父が若い頃に使っていた机と棚があります。

私が実家を出る時に持って出て、大阪→東京→大阪→京都→工房、と一緒に引越してきました。

昔に作られた机はバカでかくて、旧工房に入れる時は四苦八苦したのに、プロが運ぶと、机はスーっとドアを抜けて行きました。

 

プロは、ダンボール箱を3つ持って走る。

目にも留まらぬ速さで荷物が積み上げられていく横で、ガムテープをはがしていく私。

さっき荷造りしたダンボール箱を1時間後には荷ほどきする不思議。

新工房

引越しは、まだまだ続くのでした。

引越日記<2>

Posted on : 2017-08-16 | By : ゆふこ | In : 日記

0

工房の壁の棚や作業台を作るために、木材を注文しました。

1820mm x 910mm の合板20枚分を精密にカットしてもらい、生徒さんのトラックで亀岡から山科まで運びます。

木材

女性がトラックを運転できるのって、カッコいい〜。

私も助手席で、ちょっとエラくなった(?)気分でした。

 

トラックから2階の工房へ木材を運ぶため、仕事中に呼び出された相方さんと生徒さんも一緒に、らせん階段を行ったり来たり。

玉の汗が流れます。でも、痩せません。

工房の中は木材の山になったけれど、大変すぎて写真を撮るのを忘れました。

 

8月12日(土)、記念すべき入居日。

生徒さん2名、ご近所さん3名、親戚5名&私の総勢11人で工房作り。

まずは、表の看板を取り付けてもらいました。

表の看板

ビクともしないネジと空中戦を繰り広げるご近所さん。

私は、あんな高いところには登れないし、真夏の太陽の下、はしごの上で長時間作業するなんて無理です。

その間ずっと、はしごを支え続けてくれたご近所さんにも感謝。

取り付けが終わった看板を見て、なんだかジーンとしました。

 

ドリル

集まった電気ドリルたち。

 

おかげさまで、夕方には、ほとんどの棚と机が出来上がりました。

これも写真は無し。

本当に大変な時って、写真も撮れない。。。

 

13日は、親戚だけで作業して全ての大工仕事が終了。

 

2日間、お疲れ様でした。

本当にありがとうございました。

 

手伝ってくれた子どもたちも、ありがとう。

長時間よく頑張りました。

 

次は、旧工房で荷詰めと引越し本番です。

引越日記<1>

Posted on : 2017-08-10 | By : ゆふこ | In : 日記

0

8月3日(木)

現在の工房、最後の営業日。

生徒さんもお客さまも来てくださって、にぎやかな1日になりました。

8月中のオーダーをいただいたので、新しい工房で張り切って作りたいと思います。

 

みなさんから、おやつもたくさんいただきました ( ^ ^ )

新しい工房は、ご近所さんと親戚と一緒に棚を作るところから始まります。

きっとクタクタになるので、その時に大切にいただこうと思います。

ありがとうございます。

 

8月8日(火)

入居するテナントの建物外側につけるアクリル看板を受け取りに行きました。

アクリル看板 ←工房の床の上に広げたところ

 

お願いしたのは、旭巧芸さん(枚方市)です。

社長の長谷川さんには、とても親切にしていただきました。

 

新しい工房の内装は、ほとんどをDIYで作るため、買わないといけないものが山ほどありました。

そして、それらを購入する際には、会社や個人によってこれほど応対が違うものかと、しみじみ感じました。

 

普段の私は「売る側」の立場ですが、「買う側」になって初めてわかることも多々あります。

私は、最後まで笑顔で見送ってくださった旭巧芸さんを見習いたいと思いました。