トイレのサイン/こつぶ展

Posted on : 2017-10-20 | By : ゆふこ | In : 作品, 日記

0

トイレのサイン(プレート)というのは、海外に行くと面白いものがたくさんあるのですが、日本では規格通りのサインがほとんどです。

トイレというモチーフでふざけると不快に思う人もいるかもしれないけれど、可愛いかったら許されるかと作ってみました。

171019トイレ

モデルは、うちの娘です。

娘が3歳の頃、トイレに行くと、必ず私は後から追いかけて「どう?」と訊いたのですが、彼女はまだ話すことができませんでした。

ただ、娘はとても感情表現が豊かな人で、「大きいのが出ましたよ」という時は、鼻をつまんでアピールしてくれました。(食事中のかた、ごめんなさい)

 

絵に描いてみたら、鼻をつまんでいるのか、恥ずかしがっているのか、よくわからないけれど「可愛かったら良いか」と思ってます。

モデルは長女だけど、次女にも見えます。やっぱり姉妹。

 

このステンドグラスは、11月の「こつぶ展」に出します。

いつも、作品展の後にブログを書こうと思って出し惜しみしていたけれど、いつだって燃え尽きて結局書かないので、今回は出展前でも写真を掲載することにしました。

 

今日も新作を作ります。

脳みその中を流れる川にプカプカ浮かぶものたちを、どれだけ掴んで形にできるか。

こつぶ展まで、あと1ヶ月。

どきどき。

「ひまわり」「花と地球」建築用パネル

Posted on : 2017-10-17 | By : ゆふこ | In : 作品, 日記

0

先日描いていた絵をはめ込んだパネルが完成しました。

IMG_9191

陵ケ岡保育園の2期工事(保育園舎)の階段の窓に入ります。

花のパネルには、カブトムシとクワガタを両端に、上にはミツバチ、下にはアリを描きました。

 

この窓は2階にあるので、絵付けしたガラスは外から見ると普通のオレンジ色に見えるかもしれません。

でも、室内側から近寄って見たら「あ!虫がいる!」というふうになる予定です。

 

虫たちが戦っているように描いたら男子ウケするかと思っていたのですが、ある生徒さんからは「私には1匹ずつ見ると、とてもやさしい感じに見えました。その感じがいい」「ケンカととるか、何か話しているととるかは、子どもたち次第で、そこから何かその子なりのお話が始まるとステキですね」とのことでした。

 

なるほどーーーーーー!

本当に「なるほど」です。

 

子どもは想像力が豊かです。

このステンドグラスからたくさんの物語が生まるかもしれません。

生まれたら良いな。

 

子どもたちの心に、ステンドグラスが保育園の風景としていつまでもありますように。