むーちゃん復活

Posted on : 2006-05-14 | By : ゆふこ | In : 日記

4

むーちゃんとは、正体不明の植物のことです。
ハイドロ・カルチャーという方法で育つ室内用観葉植物で、
4年前の誕生日、友人スミちゃんがくれましたが、なんという
名前の植物なのかは、その時からわかりませんでした。
最初は、身長5cmほどの可愛らしい草でしたが、ぐんぐん育って
もらった時に入っていた可愛いガラスの容器では窮屈そうだったので、
土に植え替えてみると、まるで木のような姿になりました。
そのむーちゃんは、この冬、人生(木生?)最大の危機を迎えました。
記録的な寒波に加えて、世話係(私)が体調不良のため水不足に悩まされ、
3月の明るい太陽が顔を見せる頃には、とうとう葉っぱ1枚に
なってしまいました。
ようやく体調が戻ってきた私は、ベランダで瀕死のむーちゃんを発見、
せっせと水をやり、肥料をあげましたが、必死の介護もむなしく、ある日、
『最後の一葉』は、力なく地面に落ちていました。
それでも、地面にふんばり続ける茎(幹?)に望みをかけ、水をやり続けると、
4月になって、黄緑色の小さな蕾のようなものがポチポチと、くっついて
いました。
期待に胸躍らせ、更に観察を続けていると、その黄緑色の物体は、
みるみる膨らみ、緑の葉になり、つるっぱげだったむーちゃんは、
時計を逆回しにしたかのごとく、緑フサフサに戻ったのでした。
生命力があるってスバラシイ。
<2週間前のむーちゃん>。。。葉っぱらしい形になってきました
CIMG2119.jpg
<昨日のむーちゃん>。。。たった2週間で葉がこんなに大きくなりました
CIMG2153.jpg

Comments (4)

むーちゃん。見たことない木だねえ。
うちも、もらいもののレモングラスを地植えにした途端、ものすごい勢いで繁殖して、紫蘇みたいになっているよ。
先日ハーブ園に行ったら、しそ科だとわかったが、あんな巨大な葉っぱでハーブティはこわい。
しかして、木が育つのは飼い主が元気な証拠なので、おめでたい。これで、花でも咲けばいいのに(って無理か)

どっかの庭先で、巨大化したむーちゃんを見たことがあるので、
きっと、ほっといても育つ良い子なんだと思われる。
そして花が咲く気配は全く無い。
レモングラス、丈夫そうで良いねぇ。
うちに庭ができたらちょーだい。
ハーブ園作りたい。ミントとか勝手に増えるやつ。
んー、雑草園になるかも。。。

やっぱり飼い主に似るね。(=ほっといても育つ)
うちのは
 × レモングラス
 ○ レモンバーム
でした。

何にしてもレモンっぽい匂いがするってことかな?
窓辺に良さそうやねぇ。

Write a comment