夏の花?

Posted on : 2006-08-16 | By : ゆふこ | In : 日記

2

写真をアップできないので、作品掲載を断念中。
苦戦するにも限界があるので、ここらで、よもやま話を
。。。って、いつもですか。
***
子どもの頃は、何処へ行くにも常に四人姉妹で出かけていました。
京都は、夏になると家の前に桔梗の鉢植えが置かれていることが
多く、私たちは「誰が一番たくさん桔梗の花を見つけられるか」
というゲームを毎日飽きることなく続けていました。
今考えると、毎日4人で歩いているのですから、競争も何も
あったモンじゃないんですが。
そんな遊びが自然発生した原因の一つは、私たち姉妹が全員
桔梗の花を好きだった、というのがありますが、何よりも
競争できるくらい道端で桔梗を見かけることが多かったのです。
今までに、大阪と東京で暮らした経験がありますが、そのどちらでも
桔梗の花を見かけることは殆どありませんでした。
理由はわかりませんが、京都の家には前庭が無いために、鉢植えを
道端に置く習慣があるからかもしれません。
その私にとっての「夏の花」が、実は和の世界では「秋の花」だと
知ったのは、つい最近のことです。
四季の花について調べていたら、秋の月と共に描かれている花が
桔梗でした。
「それならそれで早く涼しくなってよ」と願う今日この頃。。。
ちなみに東京では夏になると、朝顔の鉢植えをぶら下げて歩いている
人をよく見かけます。
不思議に思って「なんで種から育てへんの?」と友人に尋ねてみると
「江戸っ子は気が短くて、成長するのを待てないから。だから、
手っ取り早く花が咲いたのを買ってくるんだよ」とのことでした。
お江戸で摩訶不思議なことをを発見すると、大抵「気が短いから」
という返事で片づくことが多いですが、朝顔までとは。。。

Comments (2)

お久しぶりです!
素敵なおハガキありがとう!
我が家も前には鉢植えを並べてるんだけど
育ててるのは 日当たりのいいとこで・・・
綺麗に成長したのを前に置くんだよ。
元気なくなると 威勢のいいのに変える・・・
ご近所でも そのようにされてる所が多いようです。
その鉢植えの話題で ご近所付き合いも増えて
株分けが行ったり来たり・・・

なるほど、奇麗なのと入れ替え制なのね。
スバラシイ。
私は、まだまだ初心者なので(頑丈なのしか
育てられない=勝手に育っていただく)、また
色々教えてね~。

Write a comment