森シリーズ/アラスカより

Posted on : 2019-08-10 | By : ゆふこ | In : 作品, 日記, 異国のはなし

0

毎年、秋になると「森シリーズ」で何か作品を考えます。(ひねり出すとも言う)

先日、ふと20年ほど前にアラスカへキャンプに行ったことを思い出しました。

 

キャンプの途中、半日ほどかけてアラスカ鉄道に乗りました。

ひたすらアラスカの大地を走り、雄大な景色を楽しむこの鉄道。観光客にとっては、移動の手段というより『乗ること』が目的です。

鉄道好きには、なかなか素敵な旅ですが、ずーっと座っていると、さすがに動きたくなってきます。

そんなわけで、一人でフラフラとデッキに出て外の風に当たっていると、車掌さんがやってきました。

私の横にやってきて、つまり結果的に二人で並んで、しばらくの間じっと立っていたのですが、「?」と思った私は、車掌さんのほうを見やり、「それは何?」と彼が手に持っている紙筒を指さしました。

「まぁ見ていてくれよ。今から面白いことがあるから」とニヤリと笑う車掌さん。

しばらくすると、車掌さんが「もうすぐ来るぞ」と鋭い視線でググっと向こうを睨んだかと思うと、『構え』の姿勢を取って、紙筒をポーンと投げました。

紙筒が投げられた方向を見ると、森の中の少し開けた場所に1軒の家が建っていました。

「あの家に新聞配達に行くのは大変だろ?だから、こうやって列車から新聞を投げて配達するんだ」「今日も成功だ!」と車掌さんはご機嫌で話してくれました。

そんな景色を小さなステンドグラスにしました。

1908ポスト家木

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの家にポストがあったかどうかまでは確認できていないのですが、イメージで。

英語では、自宅にあるポストを「Mail Box」というそうです。

ポストの色は各国で違いますが、赤が可愛いのでそうしました。

今は、ネットで新聞が見られる時代なので、もうあんな風に配達しないかもしれませんね。

 

他にも夜のお月様シリーズも作ってみました。

1908家月木

 

 

 

 

 

 

 

 

1908家月1

 

 

 

 

 

 

 

 

1908家月11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋までに、いろいろな種類でつくっていくつもりです。