ある雨の日に

Posted on : 2020-03-17 | By : ゆふこ | In : 作品, 日記

0

次の個展に向けて作戦を練る時は、私がハイリゲンシュタットと呼んでいる散歩道を歩いて工房へ行きます。

200317ハイリゲンシュタット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、不運なことに途中から雨が降ってきました。

でも、幸運なこともあります。

大きな風が吹いて、雨と木々が「ザザァ」と音を立てました。

私は『風の音をガラスの中にとじ込めたい』と思いました。

 

突拍子もない考えのように思われるかもしれませんが、私の強みは楽器を弾いていることです。

チェロを弾く時に「こんな音を出したい」と思えば、そのような音が出ます。たぶん。(ちょっと弱気)

違う言い方をすれば、何も考えなければ、何の色もない音になります。(これは確実)

 

ガラスにも同じことが言えるようです。

「こんな音楽が聞こえてくる作品にしたい」と思いながら作れば、そのような雰囲気の作品になる気がします。(ここは弱気)

ただ、そのためには努力が必要です。(これは絶対)

 

風の音のガラスをどうすれば作れるのか?

今日も散歩道を歩きながら考えてみます。

ガラスの馬いろいろ

Posted on : 2020-03-09 | By : ゆふこ | In : 作品, 日記

0

もともとは、「こつぶ展 6」のために新作を作ろうということで、会場の「アートギャラリー北野」の外観が深緑の色調だったため「12月だからクリスマスカラーにしたら可愛いな」と思い、赤い馬をつくりました。

こつぶインスタ絵柄A

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、透明のガラスで作って欲しいという注文をいただきました。

1912クリアの馬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さくら色でも、ということで小さな馬の親子ができました。

1912馬

 

 

 

 

 

 

小さい馬も可愛いなぁと思い、写真たてをつくりました。

写真たて馬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真たてを納品したPhoto Gardenさんで「5月に小さな個展をしよう」ということになり、奈良なので鹿もつくることにしました。

 

「馬と鹿、2頭を並べたら。。。うぷぷ」と一人で笑っています。

 

ちなみに、何人かから「ダーラナホースですね」と言われました。(なんてオシャレ)

確かにそうかもしれないのですが、それだと真似っこになってしまうので、自分で色々と調べて馬の絵を描いてから作りました。

自分が描いた絵とダーラナホースを見比べると、私の絵のほうが和風っぽい?というか、これ、どこかで見たことある???と思いを巡らせて。。。「あ、ハニワの馬だわ」ということに気がつきました。

自分の身体に脈々と流れる大和民族の血を感じた瞬間でした。

 

Photo Gardenさんでの個展については、詳細が決まり次第、お知らせしますね。