加湿器とサーキュレーター

Posted on : 2021-01-20 | By : ゆふこ | In : 教室

0

感染症対策のため加湿器とサーキュレーターを購入しました。

 

加湿器は小型を2台、卓上で使っています。

2101加湿器

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RHYTHM コンパクト加湿器

大型のものは置き場所に困る&フィルター交換が大変そうだったこと。飛沫の抑制という意味では、卓上のほうが良いのではないかと思ったことも決め手になりました。加湿器が不要な季節に片付ける場所に困らないのも良いですね。

気のせいかお肌にも良いような気がします ( ^ ^ )

**********

サーキュレーターは、上下左右に首振りをするものを購入。

2101サーキュレーター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

強力コンパクトサーキュレーター

***

この2つを取り入れただけで、工房の中が心地よくなったように感じます。

文明の利器ってスゴイ。

 

購入の際には、京都市及び公益社団法人京都市観光協会(DMO KYOTO)の情報を参考にしました。

換気・加湿等対策補助金の募集開始について

〜新しい生活スタイル対応のための感染症対策〜

 

お客様や生徒さんには安心して工房に来ていただけるよう、ゆふ工房ではこれ以外にも消毒液、不織布マスク、体温計を常備しています。

窓を少し開けているので風がスーっと通りますが、換気のためですのでよろしくお願いいたします。

ギャラリー探し in 東京

Posted on : 2021-01-11 | By : ゆふこ | In : 日記

0

「東京で個展をします」と言ったものの、東京は広いので、まずは場所を絞りました。

思いついたのは、やはり「第三の故郷 日暮里」で、そこからほど近い谷中から上野にかけての地域で探したいと考えています。

希望の条件は下記の通りですので、何か情報があれば、ご連絡いただけるとありがたいです。

*人通りが多い

*路面(1階)

*できれば窓が大きい

*広さは20〜 40平米程度

*谷中、根津、上野あたりで、できれば山手線から歩いて行ける範囲

会期は「金、土、日曜日のみ開催」にすると思うので、日貸しのほうがありがたいですが、1週間の契約でも構わないです。

ギャラリー代は、あちこちネット検索したところ、どこも大丈夫でした。

 

候補のいくつかを下見に行って、オーナーさんにも会ってから決めたいと考えています。

東京の友人たちが「一緒に探すよ」と言ってくれて心強いです。

2005年に結婚するまでの2年半ほどの間、当時勤めていた会社の転勤で東京に住んでいました。

商店街がある下町が好きで、服を作るのが好きなので、繊維問屋街がある日暮里に住むことにしました。

近くには谷中銀座があり、歩いてよく夕飯の買い物に行きました。

まだ友達がいない東京で出演した演奏会に来てくれたのは、谷中銀座の魚屋のおばさんと八百屋のお兄さんでした。演奏会の後は、こっそり魚や果物をおまけにくれました。

歩くのが好きだったので、谷中墓地から上野まで歩いてから山手線に乗って会社へ行っていました。

会社は虎ノ門にありましたが、時間があれば有楽町で降りて日比谷公園の中を歩いたりしていました。(それで遅刻していました。ごめんなさい。)

墓地と言ってもおどろおどろしい雰囲気は無く、夕方に女性が1人で歩いても平気なくらい綺麗なところでした。生まれて初めて視界いっぱいの桜吹雪を見たのは谷中墓地でした。

なので「東京で個展を開こう」と思った時に、やはり日暮里や谷中から上野にかけての「地元」で開催したいと思いました。

私が住み始めた頃は「にっぽり〜?やめといたら?」と言われたものですが、東京を去る頃には下町ブームが起こり「谷根千(谷中、根津、千駄木の略)」と雑誌やテレビで特集が組まれ、ちょっとした観光地になって人力車まで走っていました。

今はどんな風になっているのかわかりませんが、ものすごい速さで時間が動く東京の中にあって、今もゆったりとした時間が流れていたら良いな。あそこでまた散歩したいな。と思いました。

 

 

こつぶ展7のまとめ

Posted on : 2021-01-11 | By : ゆふこ | In : 作品, 日記

0

個展を開催するまでは「こんな時に、って言われないかな?」「誰か来てくれるのかな?」と不安でしたが、いざ始まると、たくさんの人が来てくださり、東京から駆けつけてくれた友人が「こんな時だからこそ開催しないといけない。」と励ましてくれて心強かったです。
お客様と接していて感じたのは、コロナで自宅にいる時間が長くなったために「心地よく暮らしたい」「自宅を綺麗にしたい」と思っている人が増えた、ということでした。
以前のブログと重複する写真もありますが、個展の様子です。
個展会場の入口
0ギャラリー風景2
立派なバラを贈っていただきました。
ケニアからフェアトレードで輸入されたアフリカローズだそうです。
大きな花は当然のように太い茎から咲き、見ているだけで元気になりました。
ギャラリーを入ったところ
IMG_3304
奥から外を眺めたところ
0ギャラリー風景6
 奥のスペース
0ギャラリー風景1
 オーナメントとツリー
2020122ギャラリー2
 壁に映っている模様は吊り下げライトの光です
パントプレート( ワインボトルでつくったお皿)と赤いライト
 パントプレート正方形
 「幸せを運ぶ馬」と「ケルトの家」
2012035
 赤い馬が定番ですが、好きな色でお作りできます。
現在は、ご注文いただいた青い馬を製作中です。
 小馬と小さな家は手のひらサイズ
202012子馬
 家は吊り下げて飾ることもできます
 おやすみライト(足元灯)
IMG_3294
 「月と手紙」シリーズ
IMG_3301
全部揃っている時に撮ればよかった。。。
 「星の家」
IMG_3300
個展の後は、地元の小学校の4年生の各クラスで「ものづくり」について、お話をする機会をいただきました。
今週にはその時の写真をいただけるそうですので、後日、ブログに書く予定です。
現在は、ご注文いただいた音符のオーナメントを制作しています。
もう少しお待ちくださいませ ( – 人 – )

2021年の目標

Posted on : 2021-01-05 | By : ゆふこ | In : 日記

0

あけましておめでとうございます。

2020-2021お礼状

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、今年の目標ですが、その前に去年の振り返りから。

———<去年の目標>———

1)くるみ割り人形のパネルをつくる

2)生徒さん展の日程を決める

3)今までより少しゆっくりペースで仕事しながらも、工房の安定経営を目指す
——————————————

2020年の平和なお正月が夢だったかのように、春頃からは世界中がウィルスに苦しむ日々が続きました。

歴史でしか知らなかった疫病の世界をまさか自分が体験するとは思いもよらず、「この仕事を続けられるのだろうか?」と不安になりました。

目標にある「生徒さん展」を開催する目処は全く立たず、「ゆっくりペースで仕事」をするも何も仕事がありません。

「くるみ割り人形」のパネルの制作よりも、まずは生きていくことを考えていました。

 

行政から発表される奨励金の募集を見つけては応募し、応募要項とにらめっこしながら書類を作成する日々。そして奨励金が支給されようがされまいが申請内容に沿った企画の実現に向けて動き出すしかありません。(給付が決まってから動くのでは間に合わない)

奨励金の支給が未定のまま仕入れをするのは、ほとんどバクチの世界でしたが「仕事を続けたいなら、じっと待っていてはダメだ。とにかく動くしかない。」と自分に言い聞かせて個展の準備をしました。

奨励金の条件は、どこもほぼ同じで「過去3年以上、応募内容と同じ活動を定期的にしていること」「確定申告をしていること」「コロナによってキャンセルになった活動があること」でした。

おかげさまで、文化庁、京都府、京都市、京都市文化芸術協会からの給付が決まり、西宮と京都で個展を開催することができました。

それらの活動については、また後日、ブログを書きますね。(たくさん書かないといけないことがある。。。)

 

———<今年の目標>———
1)東京、大阪、京都で個展を開催する

2) 鉄道をテーマにしたパネルを制作し、自分の代表作にする
——————————————

お先真っ暗だった2020年の春、元上司のNさんから鉄道をテーマにしたステンドグラスを作って欲しいとの連絡を受けました。

オーダーを受けて泣いたのは初めてでした。

作品が出来上がれば、東京と大阪で個展を開きたいと考えています。

ギャラリーは現在探し中ですので、詳細が決まれば、お知らせしますね。

 

京都での個展は、下記の通り開催予定です。

<日程>

2021年11月24日(水)〜11月29日(月)

<場所>

アートギャラリー北野 1階

〒604-8005 京都市中京区三条河原町東入ル

恵比須町439-4 コーカビル

 

昨日が仕事初めでしたが、午前も午後もやる気に満ちた生徒さんたちと一緒に活動をスタートすることができました。ありがたく、幸せなことです。

ウィルスに翻弄されたように見えた2020年は、終わってみれば私にとって「何が大切か」を今一度考える良い機会だったように思います。

今年も頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

PS。牛さんの担ぐ米俵にはネズミが隠れています。干支に関する最大のドラマが繰り広げられることを考えると、ここにネズミを描かずにはいられませんでした。そして、そんなネズミを運ぶ牛さんは、お人好しそうな目になるように描いています。

立ちあがれ!中低音

Posted on : 2020-12-04 | By : ゆふこ | In : 日記

0

「世の中には色んな音楽モチーフがあるけれど、どうしてト音記号しかないの?」と思い続けて幾星霜。

音楽には「ヘ音記号」も「ハ音記号」もあるのに。

無いなら私が作るしかない!というわけで、テーマは「立ちあがれ!中低音」です。

 

が、作ってみてわかりました。すごく手間がかかる。そしてニーズが少ない。(たぶん)

2012034

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、こちらのオーナメントは注文制になります。

お好きな色と記号を教えていただけましたら、そのように作りますので、よろしくお願いいたします。

 

文字は「Cantabile(歌うように)」を作っていますが、もしも他にもご要望がありましたらご依頼くださいませ。「espressivo」でも何でも作ります ( ^ ^ )

 

八分音符の名称は意見が分かれるところだと思いますが「たり」と「りら」にしています。

ご注文の際には、下記の表を参考にお願いします。

色は「赤」「青」「みどり」「黄色」「琥珀色」があります。

音符

 

 

 

 

 

 

 

昨日から展示していますが、早速「ト音記号」と「りら」をご注文いただきました。

(やっぱりト音記号なのね。。。)

 

**********

今回は、ウィルス感染拡大防止に配慮するため、作品の予約、郵送での販売にも対応します。

*全てのガラスは風合いがそれぞれ違うことと、手作業で制作するため、全く同じには作れないことをご了承願います。

 

詳細はゆふ工房までお問い合わせくださいませ。

こつぶ展 開催中です

Posted on : 2020-12-04 | By : ゆふこ | In : 作品, 日記

0

初日からたくさんのかたにご来場いただき、とてもありがたいです。

こんな時期に開催しても良いのだろうか?と思うこともありましたが、駆けつけてくれた友人たちから「こんな時だからこそ開催しないといけないと思う。だから応援しに来た。」と言われて、うまく返事できないくらい嬉しかったです。

2012031こつぶ7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例年以上にオーナメントやオブジェが売れています。

家の中で過ごすことが多くなったために「自宅を心地よくしたい」「可愛くしたい」と考えるかたが増えたように感じました。

2012032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳥のランプは、琥珀色のガラスを入れ替え、青い鳥の部分も作り変えました。

こちらはすでに売約済みですが、もしもご注文いただけましたら、2021年1月中にはお渡し可能です。

2012033

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「幸せを運ぶ馬」「ケルトの家」「小箱 アデライーデ」も売約済みですが、こちらも追加で制作可能です。クリスマスまでにはお渡しできる予定です。

2012035

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**********

今回は、ウィルス感染拡大防止に配慮するため、作品の予約、郵送での販売にも対応します。

*郵送料は実費をご負担いただきます

*全てのガラスは風合いがそれぞれ違うことと、手作業で制作するため、全く同じには作れないことをご了承願います。

 

詳細はゆふ工房までお問い合わせくださいませ。

 

こつぶなものたち

Posted on : 2020-11-29 | By : ゆふこ | In : 作品, 日記

0

なんたって「こつぶ展」です。

ステンドグラス業界では「ちっさ!」と言われるようなこつぶなものを作るのがこつぶ展なのです。

というわけで、最近のオーナメントをご紹介します。
2020こつぶ10

雪の結晶をパウダーで形づくり、

クリアのかけらを周りに置いて焼きました。

見た目以上に手間が掛かっています。

面倒だけど可愛いので作ってしまいます。

 

 

 

 

2020こつぶ8

「何か新しいオーナメントを作ろうかな」

と呟くと、娘が「シマシマのキャンディ」

というので作りました。

なんでも人の言うことを聞く私です。

 

 

 

 

2020こつぶ2

 

こちらも娘のリクエストでサクランボウ。

実物はもっと明るいチェリーレッド色です。

 

 

 

 

 

2020こつぶ9

 

 

料理をしていると、スパイスって綺麗な形を

しているなぁと思うことが多いです。

特にハッカクは美しいです。

英語にするとスターアニスという名前で

名前も美しくなります。

 

2020こつぶ6

 

 

15年ほど前にシカゴへ旅した時に

訪れたステンドグラス工房で購入した

チェックに焼いたガラスを使って作りました。

サイズは大と小の2種類あります。

限定各4個ずつになります。

 

2020こつぶ3

 

 

 

 

 

 

 

 

2020こつぶ5

 

 

 

小さくても「クリスマス!」という感じの

オーナメントを作りました。

 

 

 

2020こつぶ7

 

 

 

 

ピンクの花をもっと可愛くしたくて

作りました。

紫のマルは、本当はもう少し薄い色です。

 

2020こつぶ6

 

 

 

 

 

クリスマスプレゼントの包装紙や

リボンが可愛くて捨てられず、

それ自体がプレゼントのような気がします。

そんな気持ちを形にしたいと思いながら

作りました。

 

 

 

 

 

**********

今回は、ウィルス感染拡大防止に配慮するため、作品の事前予約、郵送での販売にも対応します。

*郵送料は実費をご負担いただきます

*発送は12月中旬になります

詳細はゆふ工房までお問い合わせくださいませ。

 

パントプレート…ワインボトルを溶かしました

Posted on : 2020-11-19 | By : ゆふこ | In : 作品, 日記

0

今年の前半は外出できない時間が多かったので、いろいろと実験をする良い機会と思い、とりあえず不要になったガラス製品を溶かしてみました。

地域の小学校から「ものづくり」について話す依頼も受けましたので、ガラスのリサイクルについてもう一度勉強してみようという考えもありました。

そんな中、できた作品がワインボトルをペタンコに溶かして作った「パントプレート」。命名は相方さんです。

インスタ用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品展では、パントプレートについて記したポストカードをお配りしています。

ボトル写真1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボトル写真2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワインボトルは生産国や色、ガラスの厚みによって溶解温度が違いますが、それぞれの条件に合わせてボトルからお皿に変化させると大変な手間がかかります。

ゆふ工房では「リサイクルガラスを使うことに意義がある」と考え、溶かす際の条件を全て同じにしたため、お皿には少し気泡が入っていたり、ガラスの表面が失光しかけて虹色がかったものもあります。その分、大手さんが販売されているものより安価にしています。

でも「みんなと同じものを作っても面白くない」ということで、もう一手間をかけてエナメル彩で絵付けをしました。

ボトル文字

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GOOD WINE MAKES GOOD BLOOD.

「良いワインは良い血を作る」という酒飲みを正当化する文言を入れました。

 

このパントプレートは、こつぶ展でも販売しますので、よろしくお願いいたします。

ご注文いただければ、お店の名入れなどにも対応できます。(フォントは写真の文字と同じになります)

 

今回は、ウィルス感染拡大防止に配慮するため、作品の事前予約、郵送での販売にも対応します。

*郵送料は実費をご負担いただきます

*発送は12月中旬になります

詳細はゆふ工房までお問い合わせくださいませ。

 

PS.  ワインボトルは「焼き鳥 かなざわ」さん、近所のママさんたちからいただきました。ありがとうございます ( ^ ^ )

ミニカタログ 2020年版

Posted on : 2020-11-18 | By : ゆふこ | In : 作品, 教室, 日記

0

2017年に、ゆふ工房の作品を集めたミニカタログを制作しましたが、在庫が無くなったので最近の作品も含めた新しいカタログを作りました。

以前は、A5サイズで24ページでしたが、今回は36ページにパワーアップしています。

2020ミニカタログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カタログは、写真が掲載されている関係者のかた、こつぶ展にてステンドグラスを購入してくださったかたや、ステンドグラスの注文をご検討くださっているお客様にお渡しする予定です。

もちろん、教室の生徒さんにもお渡ししますね。

 

いつもながらカタログの原稿作成には膨大な時間がかかります。

カメラマンさんとの写真撮影から始まり、レイアウトや文章の執筆まで全て自分でやりました。

あまりにも長く時間がかかってしまったため、お待たせしていたお客様には申し訳ありませんでした。

ようやくお手元にお届けできてホッとしています。

 

こつぶ展でも、皆様にカタログを見ていただけるよう、たくさん印刷しましたので、楽しみにしていてくださいね ( ^ ^ )

こつぶ展7(12/2〜12/7)

Posted on : 2020-11-17 | By : ゆふこ | In : 作品, 日記

0

トップページにもあります通り、こつぶ展 7を開催します。

 

今回の個展では、京都市文化芸術活動緊急奨励金と京都府文化活動継続支援補助金が給付されることが決まり、支援の条件がウィルスの感染拡大防止に配慮することとなっています。
様々な事柄に配慮しつつ個展を無事に開催できるように努力して参りますので、ご協力よろしくお願いいたします。(とは言え、なかなか厳しい状況になってきましたが。。。)

————————————————————–

こつぶ展  7

–ゆふ工房の小さな音 –

 伊藤裕子ステンドグラス作品展

<日時>

2020年12月2日(水)〜12月7日(月)

11:00〜19:00(最終日は17:00まで)

11:00〜17:00在廊しています

<場所>

アートギャラリー北野 1階

〒604-8005 京都市中京区三条河原町東入ル

恵比須町439-4 コーカビル

ハガキ絵柄

ハガキ宛名

*本事業は、「新型コロナウィルス感染症の影響に伴う京都市文化芸術活動緊急奨励金」の採択事業です。