ダイレクトメールができました!

Posted on : 2019-05-08 | By : ゆふこ | In : 作品, 日記

0

 

今週末には現物を受け取れる予定ですので、順次発送させていただきます。

ダイレクトメールをご希望のかたは、ゆふ工房までお知らせいただけるとありがたいです。

今日は時間がないので、個展の内容は、また後日書かせていただきます。

とりあえず速報ということで。。。

201906DM表

 

 

 

 

 

 

 

201906DM中1

 

 

 

 

 

201906DM中2

 

 

 

 

 

 
201906DM裏

6月の個展に向けて

Posted on : 2019-04-26 | By : ゆふこ | In : 作品, 日記

0

ただひたすらに制作中です。

 

今週、メインの作品が仕上がり、カメラマンさんと一緒に撮影に行ってきました。

当初は、工房の大家さんにお願いして駐車場で撮影したのですが、なにせ背景が壁と車なので「切り抜いてダイレクトメールに使えるかも」と思いました。

作品がすごく重くて、広い駐車場の中をもう一度運んで工房まで持って上がる気力が出なかったため、とりあえず自分の車に積み込んで運ぼうか〜…→このまま滋賀県に行くか!となり、車に乗って出発。

 

工房でダイレクトメール用の作品を撮影した後は、滋賀県で2軒のお宅にお邪魔して撮影しました。(また次のカタログに掲載しますね)

 

1軒目の石山では、まだ生後半年の赤ちゃんを抱っこさせてもらって大満足。

(カメラマンさんは、もちろん撮影中)

 

2軒目のマキノでは、建物に設置されたところを初めて見たので「おぉぉ、こんな感じかぁ」と、巣立った子どもを見るような気持ちになりました。

 

その後、マキノ近辺を車でウロウロしていたら、山の中に菜の花畑を発見。

周りを見回すと誰もいない。

そして車も通らない。

雨が上がってきた。

というわけで、「ここで撮るか!」となり、いそいそと作品をセットして撮影しました。

 

撮影するカメラマンさん

1904撮影1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな水たまりに雲が写って、まるで反射板のように作品を下から照らしてくれました。

 

パテがはみ出てきたのを気にする私

1904パテ

 

 

 

 

 

 

 

「あんまり磨けてないから、アップで撮らんでいいよー」という私の声は耳に入らないカメラマン

1904撮影2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラマンさんは、中高の同級生です。

良いもののためには手間暇かけることも厭わない感じが、私にとっては気楽で良いです。

 

常日頃から、私の作品に対する妥協しなさ具合が、はたから見たらネチコイだろうなぁと薄々気づいていまして。

自分の基準では「やれるだけはやってみたい」と思うことでも、人から見たら「もういいって」「いい加減にしたら」という場面も多々あると思うので、そこを全く気にしなくても良く、同じテンションで取り組めるというのは、この上なく幸せなことです。(そういう人を見つけると「あ、仲間だ」と思って心の中でニンマリします)

そして、記録写真としてだけではなく、写真そのものが作品となる写真を残せることは、大変にありがたいことです。

 

写真が出来上がったら、ダイレクトメールの印刷に入ります。

いよいよです。

ゴールデンウィーク中の営業について

Posted on : 2019-04-21 | By : ゆふこ | In : 教室, 日記

0

自営業者にとっては「えらいこっちゃ」な10日間が始まります。

工房カレンダーに記載の通り、ゆふ工房では下記の日程にて営業しますので、よろしくお願いいたします。

 

4月27日(土)9:00〜16:00

5月1日(水祝)9:00〜16:00

5月6日(月祝)13:00〜16:00

 

現在、個展に向けて、寸暇を惜しんで制作しています。

次の水曜日には、ダイレクトメールとカタログ用の写真撮影です。

まだまだ走り続けます。

ステンドグラスのバイオリン

Posted on : 2019-02-14 | By : ゆふこ | In : 作品, 日記

0

先日のブログに追記です。

大宮リリックアンサンブルのチラシに載せているバイオリンは、コンサートの当日、ロビーに飾る予定ですので、ぜひ見てくださいね。

実物サイズよりも小さい、かわいいバイオリンです。

 

ガラスのピース全部に銅箔テープを巻いたところ

1902リリックVn

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、ミルフィオリで作った花柄のガラスを中心にデザインを考えました。

ミルフィオリとは、イタリアのヴェネツィアで作らるガラスのことで「千の星」という意味になります。

金太郎アメのように模様が入った棒状のガラスを集めて焼くとこのような花柄が作れます。

透し模様は、サンドブラスト加工を施してあります。

かなり装飾的なつくりになったので、少しは世紀末芸術に近づけたかなと思います。

大宮リリックアンサンブル 第3回演奏会のお知らせ

Posted on : 2019-02-12 | By : ゆふこ | In : 日記

0

大宮リリックアンサンブルの演奏会のお知らせです。

私はチェロ弾きとして出演しますので、よかったら聴きに来てくださいね。

日時 2019年2月24日(日) 13:30開場 14:00開演
場所 ムラマツリサイタルホール 新大阪
曲目 ホルスト ブルック・グリーン組曲
アレンスキー チャイコフスキーの主題による変奏曲
ドヴォルザーク 弦楽セレナーデ

 

場所は、新大阪とアクセス抜群な場所にある室内楽専用ホールになります。

「未就学児童も入場できます」ということで、小さなお子さんも音楽に触れていただける貴重な機会かと思います。(ちょうどお昼寝タイムなので、だいたいスヤスヤ寝ますが…zzz)

詳細はチラシをご確認くださいませ。

プリント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チラシのステンドグラスは、「装飾的な」というリクエストで、なんとなくウィーンの世紀末芸術をイメージして作りました。

ホームページは、こちらになります。

大宮リリックアンサンブル

 

相方さんのブログにも書いてありますが、過去2回の演奏会はソロや5重奏を含む内容で、いわば個人芸に助けてもらっているところがありました。今回は、初めての「ぜ〜んぶ弦楽合奏」の真っ向勝負。ようやくここまできた、という感じです。

しぶい曲が多いですが、やわらかい弦楽器の音を楽しんでいただけたらと思います。

 

演奏会は無料ですが、入場整理券が必要になります。

ご連絡いただければ、入場整理券をお送りしますので、是非いらしてくださいね ( ^ ^ )

 

教室展について

Posted on : 2019-01-28 | By : ゆふこ | In : 教室, 日記

0

先日、「こつぶ展」の開催予定をお知らせしましたが、大事なことが一つ抜けていました。

このところ、こつぶ展と教室展を同時開催してきましたが、諸事情により次回からは別途開催したいと思います。

 

2019年11月26日〜12月2日:こつぶ展(伊藤裕子 作品展のみ)

2020年春ころ:ゆふ工房 教室展

 

教室展の開催場所は、あちこち探し回った結果、京都万華鏡ミュージアムで開催することにしました。

ただ、1年前の抽選に通らないと日程が決まらないので、また別途お知らせしますね。

 

京都万華鏡ミュージアム/アートギャラリー

地下鉄烏丸「御池駅」より徒歩約3分

block5_image1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても素敵なギャラリーなので、生徒さんも頑張って制作に励んでください ( ^ ^ )

 

2019年の目標

Posted on : 2019-01-02 | By : ゆふこ | In : 日記

0

あけましておめでとうございます。

年賀状2018-2019

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、今年の目標ですが、その前に去年の振り返りから。

———<去年の目標>———
1)連作「くるみ割り人形」のパネルを、作り続ける(少なくとも2枚は作ろう!)
2)引き続き建築用パネルの制作を頑張る
3)長くお付き合いできるギャラリーを探す
——————————————

1) はダメでした。忙しすぎたことを言い訳にするのは良くないので、今年、作ります。

2) は、頑張りました。

3) は、ギャラリーを探して探して探して、今年の11月にアートギャラリー北野さんで「こつぶ展 6」を開催することになりました。

———<今年の目標>———
個展を開催する

(くるみ割り人形のパネル製作を含む)
——————————————

2019年は個展を2回開催します。

日常の仕事に加えて、個展2回だけで私の仕事量は満杯です。

特に、6月の大阪では、初の試みをいろいろと考えていまして、去年の秋から準備を始めています。

資材発注は、ほぼ完了。そしてお財布には北風が吹く。

あとは作るのみ!です。

 

今年の初夢は「締め切りが〜」とうめいている夢でした。(夢ではなく現実)

お正月は4日から建築用パネルの打ち合わせで始動します。

エンジンフル回転で2019年を駆け抜けますので、よろしくお願いいたします。

ハイリゲンシュタット

Posted on : 2018-12-18 | By : ゆふこ | In : 日記

0

我が家の裏山を少し登ると、町を見下ろす高台に疎水と遊歩道が続きます。

昔、ウィーン郊外のハイリゲンシュタットで、ベートーベンが田園交響曲の構想を練ったという道も、こんなごく普通の山道でした。

若かりし頃、ハイリゲンシュタットを訪れた私は『え?ここで作曲?』『天才とは、かくも普通の景色から名作を生み出せるものなのか』と驚きました。

疎水を歩いていて、そんなことを思い出した私は、ベートーベンにあやかって『何か素敵なアイデアでも思いつくかもしれない』と、時間のある朝はこの道を歩いて工房に行きます。

11月末は紅葉目当ての観光客であふれていた遊歩道も、12月に入ると急に人が来なくなり、いつもの静かな山に戻りました。

1812紅葉2

 

疎水の水かさが減り、観光船は通らなくなったけれど、紅葉はそのままです。

 

 

1812紅葉4

 

 

 

 

町を見下ろす丘

(エレカシファンにだけわかるタイトル)

 

 

 

 

1812紅葉5

 

 

 

雨上がりには紅葉の絨毯を歩く。

 

 

 

 

 

 

 

 

毎朝、木を1本でもスケッチしたら絵が上手くなるかもしれないと思いながら、まだ描いたことがありません。葉っぱを持ち帰るくらいだけど、それでも『何か残るものもあるかもしれない』と思っています。

遊歩道を四ノ宮で降りると、諸羽神社があります。

神様にお祈りをした後、四ノ宮地蔵にお参りしたら、工房はすぐそこです。

 

相方さんには、ベートーベン目指して(?)歩くこの道のことを「ハイリゲンシュタット計画やねん」と言っていましたが、今は省略されて「今日はハイリゲンシュタットに行ってくるわ」と言うのが習慣になりました。

 

人は想像力さえあれば、どこにでも飛べる。

たとえアラフィフでも。(笑)

夏の旅 <おまけ>

Posted on : 2018-12-03 | By : ゆふこ | In : 日記

0

おまけというと怒られるかもしれませんが、せっかく日光まで来たので東照宮へ。

12日光1

 

 

 

 

 

 

ちょうど改修が終わったところということで、遠くから見ても金ピカな東照宮。

建物の装飾には、猿や猫や象など、生き物がいっぱい。

11日光さる

「見ざる聞かざる言わざる」

私に必要なのは「言わざる」か。

 

 

 

14眠り猫

 

眠り猫。

ここが一番混んでました。

お土産物は、猫モチーフが多かったです。

猿より猫のほうが売れるのかもしれない。

 

 

 

13日光2 個人的には、この柱の龍がツボでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく豪華研鑽。

すごく好みか?と聞かれたら答えに困るものの、ゴージャスもここまで極めると文化に昇華するんだと思いました。(なにが言いたいんだ?私)

 

夕方は、こまちさんとSさんと一緒にご飯を食べて、ゆっくりお話しました。

こまちさんと「また会いましょう」と固く約束を交わし、東京駅へ向かいます。

途中、私の第三の故郷、日暮里駅では電車の窓ガラスにしがみつくように外の景色を眺めてから新幹線に乗りました。

 

家族のみんな(特に相方さん)には、一人旅に出してくれて感謝しています。

ありがとう。

 

関東はたくさんの縁がある街なので、また来れますように。

 

夏の旅 <3>

Posted on : 2018-12-03 | By : ゆふこ | In : 日記

0

浅草では、旅の友、Sさんと合流。(アイルランドで一緒に旅したSさんです)

久しぶりのSさんのダンナさんも再会。渋く蕎麦屋で飲みました。さすが下町。

翌朝は、人気の「ペリカンカフェ」でモーニングをいただき(ちょっとお上品な量でした。おほ)、紐屋さんに立ち寄ったり、浅草を足早に満喫した後は、いよいよ日光を目指します。

 

日光には、ゆふ工房の元お弟子さんがつくった「珈琲&伽羅里 こまち」があります。

独立されて3年。旅の一番の目的は、こまちさんを訪ねることでした。

 

が、その前に行きたいところがある、とSさん。

そこで取り出したのが「日本 秘湯を守る会」という見たこともない本。

「泊まるのはどこでも良いよ」と言ったら、まさかの秘湯。予想の上をいくSさんです。

 

東武鉄道から支線へ、山を越え、バスを乗り継ぎ、平家の落人がたどり着いたという奥湯西川温泉へ。

5秘湯

 

 

 

 

 

 

 

「うん。ここまで逃げたら源氏も追いかけてこないね」という秘境でした。日本は広い。

野趣あふれる宿に一泊して心の洗濯。あぁ気持ち良い。

 

翌朝は、いよいよ旅のクライマックス、日光へ。

いよいよやってきました。

ジャーン!

6こまち看板

こまちさんの看板です。

ゆふ工房に来られた時から「和風やアジアンテイストのものが好き」とおっしゃっていただけあって、素敵な看板です。

 

 

 

 

 

 

 

7こまちさんと

涙の再会。

 

 

 

 

 

 

 

 

9店内

1階はカフェです。

8ランチ

 

 

 

 

 

『工房でカフェのメニューを一緒に考えたりしたなぁ』と懐かしく思い出しながら、ランチをいただきました。

 

 

 

 

 

10工房1

 

 

 

 

 

 

 

2階はステンドグラス工房です。

 

充実した表情のこまちさんを見て安心しました。

また日光へ遊びに行けるように頑張って仕事します。

(栃木には秘湯もまだあるらしい…)