1987 あるベース弾きの肖像

Posted on : 2019-12-18 | By : ゆふこ | In : 作品, 日記

0

演奏会でコントラバスを弾いていたその女性は、観客の1人がスケッチした自分の姿の絵を宝物として大事に飾っていたそうです。

ただ、その絵はカレンダーの裏にボールペンで描かれていて、徐々に薄くなったため、長い間、大切にしまわれていました。

30数年経ち、「この絵をガラスに写してもらおう。そうすれば線が消えずに飾れる。」ということで、ゆふ工房に古いスケッチを持ってこられました。

 

絵の周囲には、ブルーのガラスをたくさん使って水を表現し、家族同然の金魚たちも加わって、光り輝くガラス絵になりました。

1910金魚1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

周囲のブルーは、金魚のための水であり、女性を彩るリボンでもあります。

 

作っているうちに「光が入ったら綺麗だろうな」と思い、ライトにしました。

1910金魚2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で絵を描く時は、鼻歌を歌いながらサラサラと描くのですが、人の絵を写すというのは大変なものですね。

経年変化した元の絵は、線が薄すぎて、ガラスの下に絵を置いて写すことは不可能だったため、ガラスの横に絵を並べて、ひたすら線を追いかけて描きました。

しばらくの間、毎朝一番に「うーん。ここが違うかな?」と絵を確認しては描き直す、という日々を過ごしました。

金魚のガラスは丁度良いものが見つからなかったので自分で焼きました。

ガラス玉(ナゲット)も全て自分で作りました。

だんだんと自分でガラスを焼くのが普通のことになってきました。

とても手間がかかる作業ですが、それで自分の想像通りの作品ができるかと思うと仕方ないな(良い意味で)と思っています。

こつぶな作品たち

Posted on : 2019-12-18 | By : ゆふこ | In : 作品, 日記

0

「こつぶ展」では、その名の通り小さな作品をたくさん作りました。

1910オーナメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こつぶ展の時に、お客様から依頼された星が出来上がったので、先週お送りしました。

「無事に届いたかな?」と心配していたら、丁寧なクリスマスカードをいただきました。以前、購入していただいた星と一緒に飾られているとのことで、嬉しいメッセージに心が温かくなりました。ありがとうございます。

1912星21912ポストカード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベルのオーナメントを買ってくださったお客様から「こんな風に飾りましたよ」というメッセージをいただきました。

1912ベル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お洒落な人は何をしてもオシャレやわぁ」と関心していたら、写真の中には小さな絵が。

拡大すると。。。

1912ベル2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が、以前つくったパネルが写り込んでいるのでした。

 

自分がつくったその先を知ることは、とても嬉しいものですね。

やっぱり「こつぶ展」は続けていこう、と思ったのでした。

こつぶ展6 終了しました

Posted on : 2019-12-06 | By : ゆふこ | In : 日記

0

期間中は、たくさんのかたにご来場いただき、ありがとうございました。

おかげさまで、毎朝、追加で制作してから在廊するという毎日でした。

 

が、「無事に終了しました」と書けない事情がありまして。。。

 

実は、搬入直後の駐車場で、無人のトラックに追突されるという事故にあいました。

場所は地下駐車場の減速ゾーンで、車の車幅ギリギリにポールが並んでおり、後ろから襲い掛かる無人トラックから逃げることは不可能でした。

トラックの運転手はサイドブレーキをひかずにトイレに行っていたとのことで、100%加害者側の過失ですが、購入2週間の我が家の新車は大破。

不幸中の幸いだったのは、私1人だったため、家族に怪我はなかったこと。もしも子どもが3列目シートに座っていたらと想像するだけでゾッとします。

後続車がクラクションで危険を知らせてくれたので、私は心構えができて比較的軽症でしたが、「個展で気がはっているだけ」というアドバイスの通りと思い、現在、整形外科にて治療中です。

新車が壊れたのは悲しいけれど、ドライブレコーダーに事故の記録が残っていたし、何より新しい車だったからこそ、私の身体を守ってくれたと思っています。

そんな困難を乗り越えての個展開催でしたが、開催場所した場所が京都の一等地で人通りが多く、本当にたくさんの出会いや再会がありました。ありがとうございます。

 

身体の様子を見ながら制作を続けていますが、現在は、車の修理や身体の治療、それに関する保険関係の手配に奔走しています。

が、いつまでも時間を割いていられないので、こちらの保険の特約にあった弁護士さんにお願いすることにしました。

そんなこんなで、大忙しな毎日は変わりませんが、身体に気をつけなさいという神様からのメッセージと思って頑張ります。
冬の朝/改訂版

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は、こつぶ展のために作り直した「冬の朝」です。

絵付けから作り直しました。

生徒さんたちは、もう呆れ顔を通り越して「先生の気のすむようにしたら良いと思いますよ」と優しく言ってくださいました。 ( ^ ^ )