大宮リリックアンサンブル

Posted on : 2014-10-03 | By : ゆふこ | In : 日記

0

1週間後の話で申し訳ないのですが、この度、弦楽アンサンブルのコンサートを企画しました。(注:アマチュアです)

——————————————

大宮リリックアンサンブル

日時:2014年10月13日 13時〜

場所:遊音堂 2階 Youホール

——————————————

演奏会の内容に関しては、相方さんのブログのほうが親切ですので、こちらもどうぞ。

いとーけーのページ

客席が100席ほどの小さいホールということもあり、既に満席となっております。ありがとうございます。

このブログを見て「行きたい」と思ったかた、大変申し訳ありません。。。またの機会によろしくお願いします。

***

大宮リリックアンサンブルの成り立ちについては、2012年の「ステンドグラスと音楽」というブログに書いています。

これを見ると、結成は、もう3年も前になるのですね。

そこからようやく第1回目の単独公演までこぎ着けました。

出産してから数年もの間、楽器を弾かないでいると、信じられないくらい身体は退化してしまいました。

何とかしようと練習してみたものの自力では限界を感じ、10数年ぶりに師匠のレッスンに行って、音階の練習集をいただいて帰ってきました。(涙)

ここまでやったのだから、最後は大宮神社の神様にお願いするしかないかな、と思っています。

そうだ。これを言わねば。

「大宮リリックアンサンブル」という団体名は、大阪市・千林大宮にある大宮神社に由来しています。神社の社務所をお借りして、畳と襖の部屋で練習させていただいています。子どもたちも神社に行くのが大好きで、本当にありがたいです。

 

プログラム的には、体力、気力とも「限界への挑戦」という感じです。

シューベルトの「ます」なんて一生一度の機会だし、夫婦競演で5重奏を弾ける機会は二度と無いでしょう。弦楽セレナーデも、これから先の人生で全楽章を弾くことなんてまず無いと思います。

「最後の青春(高校生最後のコンサートを思い出して)」くらいの気合いで弾こうと思います。

 

関係者の皆さま、私のワガママに付き合ってくださって、本当にありがとうございます。

いつも私に巻き込まれる大宮神社の神主さん夫妻、相方さん、特に感謝です。

親が楽器を弾くのを喜んでくれる子どもたちも、ありがとう。

 

そんなこんなで、本番当日は、よろしくお願いいたします。( -人- )

 


Write a comment