「アンサンブル・モーツアルティアーナ」本番が終わりました

Posted on : 2020-02-25 | By : ゆふこ | In : 日記

0

3月23日に、久しぶりにオーケストラで弾きました。

白鳥の湖は、大学時代の演奏旅行で組曲を弾いたことがあるだけだったので、念願の全曲版、しかも『モーツアルティアーナ』で弾けるという幸せな演奏会でした。

過去に「くるみ割り人形」「ロミオとジュリエット」も全曲弾いたので、バレエを弾くという意味においては、もう思い残すことはないです。

 

演奏会に来ていた娘に感想を訊いたら「音が大きくて寝られなかった」とのこと(笑)

最後の2ページくらいは、腕がちぎれそうになりながら、でも「これでもう一生、白鳥湖を弾くことは無いんだ」と思って力の限り弾きました。

 

楽屋口では、3月に頼まれて弾く演奏会の楽譜を受け取りましたが、音符の多さにめまいが。。。これはもう耳コピーしないと弾けない量なので、しばらくの間、工房のBGMは、ひたすらクラシックになりそうです。

ちなみに、ここ最近の工房では、白鳥の湖が流れ続けていました。生徒さんから「先生、そろそろ本番ですか?」「先生の本番前は、BGMがクラシックになるから」って笑われましたが、その通りです。(普段は、ロックかポップス)

白鳥の湖は、ワルツや美しい曲がいっぱいでしたが、3月の演奏会は、同じチャイコフスキーでも『戦い系』です。ノリノリで制作が進むことを期待して頑張ります。


Write a comment