アートの旅 <直島>

Posted on : 2020-01-27 | By : ゆふこ | In : 日記

0

近年、アートで盛り上がる瀬戸内ですが、その代表格である直島へ家族で行ってきました。

 

まずは、草間彌生の「赤かぼちゃ」が港でお出迎え。

船の上で、すでに興奮マックスです。

2001直島11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「かぼちゃを見るために直島に来た」と言っても過言ではないので、宿に荷物を置いた後、もう一度戻って見に行きました。

夕日に浮かぶ赤かぼちゃ。

2001直島14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バスも可愛いです。(可愛いって大事!)

2001直島12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直島パヴィリオンで戯れるうちの家族

2001直島15

 

 

 

 

 

 

 

パヴィリオンは、れっきとしたアートなのですが、うちの子たちは「遊具」と言っていました。良いことです。はい。

 

日が落ちると、絶対に行きたかった「直島銭湯 I ♥ 湯」へ。

2001直島23

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼間はこんな感じです。

2001直島22

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銭湯の内部は、当然ながら撮影禁止のため写真はありませんが、アートだらけの銭湯でした。

奇跡的に空いていたこともあり、飽きることなくお湯に浸かっていました。

ちなみに、うちの夫と息子は、入浴中はメガネを外すため何も見えなかったそうです。。。難しいアートもある。

 

翌朝は、宿の付近をブラブラ散歩して、護王神社へ。

石室と本殿はガラスの階段で結ばれています。

2001直島21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歴史ある神社を改造(?)するということで、わりと勇気あるアートだと思うのですが、ガラスによって神聖な空気が増していると感じるのは、ガラス好きだからでしょうか。私には感動の光景でした。

 

他の「家プロジェクト」までは見る時間が無かったので、予約していた「地中美術館」へ。

残念ながら、ほぼ撮影禁止のため、写真はありません。

年末の個展で「展示(作品の見せ方)」について悩みに悩みましたが、そのヒントが地中美術館にあったように思います。

 

ウォルター・デ・マリアの作品は、大きな空間そのものが作品でした。

言葉をうまく発することができないうちの娘は、作品の中に入った瞬間、「わぁ!」と感嘆し、手をたたいて喜んで走り出しました。もちろん、父が制止したため、娘は不満げでしたが。

アートを全身で感じて、感動する。

シンプルなことですが、ものづくりをする人間としては、娘が感動する姿を見て「ウォルター・デ・マリアが羨ましい」と思いました。

 

私も、ただ単純に「わぁ!」と喜んでもらえる作品をつくりたい。

そう思った直島旅行でした。

焼き鳥かなざわさん

Posted on : 2020-01-14 | By : ゆふこ | In : 作品, 日記

0

ステンドグラスのパネルを作らせていただいた「焼き鳥かなざわ」さんへ、先日、私の誕生日のお食事に行ってきました。

2001K

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お料理が来ると、ものすごい勢いで食べてしまったので、写真はないのですが、かなざわさんからデザートの写真を送っていただきました。

1912かなざわ6

 

 

 

 

 

 

 

プレートには、チェロの f 字溝が ( ^ ^ )

 

お料理は、全部ものすごく美味しかったです。

(語彙力がなくて申し訳ないですが、これが本当に素直な感想)

 

心もお腹もいっぱい幸せになって「また来年の誕生日に行こうね」と話しながら帰りました。

美味しかったです。

ごちそうさまでした!

2020年の目標

Posted on : 2020-01-06 | By : ゆふこ | In : 教室, 日記

0

あけましておめでとうございます。

2019-2020お礼状

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、今年の目標ですが、その前に去年の振り返りから。

———<去年の目標>———

個展を開催する

(くるみ割り人形のパネル製作を含む)
——————————————

個展は、開催しました。

頑張りました。

気力、体力の限界まで。

でも、くるみ割り人形のパネルは出来上がらず。。。事故に遭って断念したので、今年に持ち越しです。

 

というわけで、今年の目標です。

———<今年の目標>———
1)くるみ割り人形のパネルをつくる

2)生徒さん展の日程を決める

3)今までより少しゆっくりペースで仕事しながらも、工房の安定経営を目指す
——————————————

 

そろそろ50歳が見えてきたので「このままでは身体を壊す」と本気で自分の体調を心配しています。

将来、体力が落ちた時のことを見据えて、今までより少し余裕をもったペースで仕事をしながらも安定した工房経営を目指して、どう過ごすかを考えていきます。今年一年は、模索の年ですね。

 

2)の生徒さん展は、まだ決まっていなくて申し訳ないです。

2020年秋の予約が全然取れなかったので、2021年の春頃の開催を考えています。頑張って抽選に行ってきます!

締め切りがないと何もできない人間なので、「くるみ割り人形」を発表するための個展会場も探します。こちらは、2025年頃を目指しています。

とりあえず、2021年の個展会場は、またアートギャラリー北野さんにお世話になります。明日、打合せに行き、日程が決定する予定です。

 

そんなこんなで、50代を見据えた1年にしたいと思います。

ゆったりペースで仕事したいと言いながらも、今日から仕事はじめです。

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。